本文へスキップ

 Kokufu Church

はじめてのかたへPROFILE

聖イエス会国府教会は、地域に開かれた教会を目指しています。

聖職者

役職 名前
主任牧師 諏訪 正仁
正教師 諏訪 聖美

聖イエス会国府教会について

静岡県小山町にある 聖イエス会小山教会の臼井たい子牧師の伝道により、
家庭集会から出発した国府教会は、
1953年創立以来、多くの人々の心に キリストの命の光を灯して、今日まで歩んで来ました。
今も世代を越えて、キリストの命の光が伝えられています。

聖イエス会は、1938年1月9日夕7時、当時「奉天」と呼ばれていた中国瀋陽のホーリネス教会牧師
大槻武二牧師が、神との鮮烈な出会いを体験したことに端を発しています。

第二次世界大戦後、超党派で日本各地を巡回伝道していた大槻牧師は、
1946年1月5日朝、「汝、その名をイエスと名づくべし」(マタイによる福音書1:23文語訳)との、神の声を聞き、「聖イエス会」という教団を設立しました。
全くゼロからのスタートでしたが、今日 日本各地に100を超す教会が建てられています。

私たちは、旧新約聖書全巻の教えに立ち、三位一体の神を信じています。
「神との出会い」の体験を大切にし、
「主の名を呼び求める者はだれでも救われる」(ローマの信徒への手紙10:13、)
また、「わたしは主、これがわたしの名。」(イザヤ書42:8)
などの御言葉から、「主の名」を唱えます。

集会中また祈りの時に、「神は愛なり」「我は主なり」という主の名を呼びます。
それは、親の親ともいうべき創造主を 呼び求めることです。
決して「自分が神である」と言っているのではありません。


「あなたが呼べば主は答え
あなたが叫べば
『わたしはここにいる』と言われる。」(イザヤ書58:14)

このページの先頭へ

礼拝の流れ  (通常時)

・奏楽     オルガン前奏により、心を静め、神さまを礼拝する準備をします。
        同時に聖歌隊が入場します。

・聖歌隊讃美  
聖歌隊が、会衆に先立って神を讃美します。
・会衆讃美   
全員で神を讃美し、讃美歌を歌います。讃美歌は教会備え付けのものが借りられます。              オープン礼拝や結婚式、葬送式、記念会の時などは、プログラムに印刷されています。
・祈り     
「主の祈り」「使徒信条」を唱えます。讃美歌の裏表紙にあります。
・聖書の御言葉 
毎週、神様の導かれた個所を読みます。
・祈り     
聖職者や、信徒の代表が祈ります。
・聖歌隊讃美  
メッセージの前に、神様に捧げます。
・メッセージ  メッセンジャーが、聖書の御言葉より、神様から与えられたメッセージを お伝えします。
・会衆讃美   
全員で神を讃美します。同時に、席上献金があります。信徒が恵みに感じて捧げる礼拝の一部ですの        で、信徒でない方は、袋が回りましてもご自由になさって結構です。
・献金の感謝の讃栄と頌栄 
会衆も、体調の悪くない人は立って歌います。
・祝祷     
牧師が祝福の祈りを捧げます。


礼拝に出席するには

とくに何も準備する必要はありません。

初めてでしたら、オープン礼拝がわかりやすくて、良いでしょう。通常は毎月第一日曜日です。

できれば時間前に来て、受付でプログラム(週報)もらい、必要なら聖書・讃美歌を借りて、礼拝堂にお入りください。席は特に決まっていません。(必要でしたら、点字の聖書もございます。)
小さなお子様連れでしたら、親子室がございます。受付でご確認ください。

礼拝後、連絡事項などが終わりますと、礼拝の終了が宣言されますので、席をお立ちになって構いません。


また、礼拝でなくても、聖書の学びなど、個々に応じた対応も可能ですので、どうぞお気軽におこしください。

聖イエス会国府教会

〒259-0111
神奈川県中郡大磯町国府本郷1089

TEL&FAX 0463-72-0001